明神岳・東稜

2016年のこと、5月に明神付近を梓川に沿って歩いていた。足首を骨折して数ヶ月しか経っていなかったので左足を引きずるようにしていた。そのときに明神付近から見た東稜が青空の下、白くきれいなラインを見せていたのである。来年の5月、あそこを登ろうと決めて、その年は沢の入口までを確認して帰った。写真は明神岳・東稜。

下見のときの明神岳・東稜
左から三番目に小さく三角形に見えるのが明神岳の主峰
明神にある養魚場跡の奥に踏み跡がある。下宮川谷の入口である。
足がなおっているはずの来年は、ここから沢をつめて「ひょうたん池」に向かうことになる。

 

そして2017年【ここから翌年の写真】

上高地。昔からの仲間。ザイルのパートナーも来た。
養魚場から下宮川谷に入ると、まもなく雪が出てくる
徳本峠、六百山を背に登る。
テント場は近い。
ひょうたん池のテント場。気持ちの良いところ。
大きなダケカンバの横、青いテントの所に座っているのが杉澤さん
テントをたたんで
出かけよう
まずは雪稜を登る
急な雪壁を越え
稜線をたどり
ここから岩のルートなのでザイルをつかいます
アイゼンをきしませ
明神岳主峰を目指す
明神岳主峰にたどり着いた・後は前穂高岳
コルへの下りはザイルで懸垂下降。
下りたら奥明神沢を、岳沢めざして下る。
午後の西穂高岳を見ながら
こんな下りだ
岳沢にはテント泊。
今日は上高地に下り嘉門次小屋まで行って岩魚で一杯やる楽しみがある。
今日も良い天気だ
こういうのを表す言葉はない

相棒と別れ、今度は後発パーティと涸沢に遊びに行く。

その日は横尾に一泊
今日は横尾大橋から(皆なんて嬉しそうなんだろう)
何度となく親しみ登った屏風岩の前を通って
(雪稜会のチーフリーダーといえばこの人を措いて無い。今でこそ右半身不自由で障害を持つ身だが、国内に限らず岩や氷雪壁を自在に登っていたとんでもない人物です)
涸沢に向かう。左の小高いところに涸沢ヒュッテが見えてきた。
あと50m、いや100mか
到着しました。今日はテントでなく、贅沢にも涸沢ヒュッテに泊まります。
そして帰る日
アイゼンをつけて
さあ帰ろう
良い仲間、申し分のない天気。一歩一歩楽しみ、味わいながら下山する。
そしてまた嘉門次小屋に寄り
小梨平で風呂にも入り

今年の5月も終わり。また来年も。

どうぞよろしく

今年も素晴らしい山旅を味わうことができました

北穂高岳

横尾大橋・涸沢の入口で鯉のぼりが歓迎してくれる
横尾本谷の奥に南岳・山頂がわずかにのぞいている
今年は平年並みの残雪があるため、本谷橋に橋が架けられていなかった
ズームアップして確認する
左から2番目の小さく見える三角形
その奥がたぶんそうだ
奥穂高岳・そして前穂高岳が現れてくると涸沢は近い
あと少しとはいえこれからが長く感じられるのだが
着いた
翌朝の涸沢
5人で北穂高岳へ向かう(後は涸沢岳)
夏道の南陵取り付き付近から涸沢のテントと小屋を見下ろす
北穂沢の雪は稜線まで続いているようなのでそのまま雪面を登る
涸沢小屋の横を過ぎ
稜線を目指す
(前穂高岳)北尾根が同じ高さに見えてくるとあと少し
槍ヶ岳を背に
(三人とも雪山は初めてだって)
前穂高岳・奥穂高岳・ジャンダルム・右は滝谷
これは抜戸岳・笠ヶ岳
戻ってきた
午後のテラスでコーヒーやビールを楽しむ
至福の時
やがて日は傾き、没し・・・・・・夜の帳が下り
そして明け・奥穂高岳に朝の日があたる
涸沢岳を赤く染めて
明ける快晴の朝
モルゲンロート見物に
なぜか一列になる人
空ってこんなに青かったっけ
6人は下る・それぞれに・またばらばらに・いつまでも群れないところが良いところ
すぐに帰る人
横尾に逗留する人
嘉門次小屋の岩魚と骨酒が目当ての人
滑落停止のおさらいを織り交ぜて
遊びながら
楽しみ楽しみ下りてきました
また行きたい人・はい・はい・はい
あと三人は?うーん行きたいかも・!・!

また寄ってしまいました・嘉門次小屋のいろり端

2019/5/1-4 涸沢・北穂高岳でした