中央アルプス・3月・千畳敷

 千畳敷ホテルの冬季限定「シンプル宿泊プラン」は駒ヶ根駅から往復のバスとロープウェイを含んだ一泊二食付きの料金が10500円也。すごく安価。3月31日で終了だが、次も利用したくなるプランだ。食事は簡単な内容。メニューはそっけない。が・・・見た目以上においしく、ボリュームたっぷりなソースカツ丼をおすすめしたい。早朝出発の人には弁当を用意してくれる。弁当の内容もとても充実している。

3月27日。数日前までは快晴の予報が出ていたのに当日の天気はご覧の通り。時折、雪交じりの烈風という有様。星空観察で有名なところなので期待が大きかったぶん残念。

 ルートは風雪のため不明瞭。ウインドクラストの上に降った雪は吹き飛ばされてラッセルの必要は無い。カールの上部、ここ、乗越浄土近くの岩峰に挟まれた急登部分では風が弱まる。気温は低いが体を動かしているので暖かく感じる。乗越近くの上部が凍結していたら、ピッケル・アイゼンなしでは危険だろう。(滑落停止の技術が必要)

 日没に間もないので宝剣岳を断念し、ここから引き返す。稜線も千畳敷カールも風の強さに違いは感じられなかった。

 乗越浄土で。一瞬、夕日がのぞいた。

 下りはじめの100mほどは傾斜が強い。凍結していたらロープを出したくなるような下降だろう

 積雪のゲージは2.8m。ここも今年は雪が少ないのか。

 ロープウェイを下りて駒ヶ根駅行きのバスに乗車。これもシンプル宿泊プランのうちだ。帰りに「早太郎温泉・こまくさの湯」に寄る。途中下車するのは「菅の台」バス停だ。「菅の台バスセンター」までゆくと一停留所行き過ぎになるので5分ほど戻る必要がある。山歩きに比べると何ほどのことも無いが。

 こまくさの湯がある「菅の台」から「駒ヶ根バスセンター」までは路線バスを利用したいところだ。しかし高速バスとの接続が悪いのでタクシーを利用するはめになった。料金3000円弱。高速バスは12時発。「バスタ新宿」着は16時前。

 千畳敷ホテルシンプル宿泊プランはよかった。これで好天に恵まれたなら申し分なかったところだが、当たり外れは予約制の宿命だからしかたがない。春の木曽駒や三ノ沢岳へ来シーズンも来てみようか。

谷川岳・2月・天神尾根

極楽の一日でした
天神尾根へ出たところの展望【白毛門・中央奥に朝日岳・笠ヶ岳は少し手前】【キャプションの記入】
良い天気だ
左手前が天神尾根
ゆったりと同じ場所で同じ方角を撮影
天神尾根中間付近から万太郎山方面
肩の小屋前
肩の小屋前から天神平・土合方面を見下ろす
トマノ耳から平標方面
頂上だ。どこを見渡しても・どう探しても雲が無い・ただ青い白い
肩の小屋も半身に雪をまとい、所在なげに日光浴している
下りてきた
熊穴沢の避難小屋は雪の下に眠っている
良い気分だ、暖かく風も穏やか
スノーシューも用意したけれどアイゼン・ピッケルで終始した。雪は締まっていて全くもぐらない
のんびり歩いた雪山でした

2019/3/25 前田享一