トップ【page】

会員募集記事

【山行計画への参加・不参加は自由です】
 計画は多彩です。自分の体調や力量、またそのときの事情に応じて行くかどうかをきめてください。
【形にとらわれず山を楽しむ】
 これがポリシー。フレンドリーで自由な山岳会です
【横浜雪稜会は非営利団体です】
 どなたも入会可能です。

【見学は集会の日に気兼ねなくどうぞ。下記へご連絡ください】
seturyou@nifty.com
s-eng1228@docomo.ne.jp
前田享一
yuriko-h@t-air.d-bs.com
芳賀由利子

山の味わい方は様々です。「雪山はだめ、テント泊は勘弁して、花や温泉がいい、きつい計画は不参加」という人がいるかと思えば「雪の山が好き、テント泊いいね、岩のルートが好き」という人もいて、それぞれの好み、事情にあわせて山の自然を楽しんでいます。

1:山行報告
2:山行計画の説明、参加者確認
3:次回山行の検討
4:その他の議題
5:登山教室(随時)登山教室は定例集会がある日に随時開いています。

 地形図の見方・コンパスの使い方(7回)
 水分の補給・栄養・筋力・持久力(5回)
 GPS活用と地形図(座学1回・フィールド2回)
 遭難事例から学ぶ・危険の察知と回避(6回)
 登山用品の機能と使い方(2回)

 年会費6000円(年会費については年度途中入会者は月割り計算です。例えば6月入会なら翌月7月~12月までですから3000円です)
 会費の用途について【平成30年度の例・支出内訳】
会報制作費 39% 郵送料 14% 定例会場使用料 21% 雑費 1% 遭難対策積立金 25%【計100%】
会報:雪稜通信(月1回)。

お知らせ・広報

登山教室【初心者向けの第一回目、二回目】

前回に引き続き6/17に【第二回・初心者向け登山教室】を開きました

1.山に何を持って行くかは条件次第です(続き)

一回目と二回目の要約を【登山教室】のサイトに載せておきました。是非ご覧ください。きっと、あなたのこれからの山行に役立つことがあると思います。

【アイゼン・ピッケル】
【歩行とバランス】
【トレッキングポール】
【地図、コンパスとGPS】
【水は何リットル持つ、脱水と補給】
【行動食、その量と質について】

その後第三回目は「遭難事例から学ぶ」にしたいと考えています。

2019年10月14日